療育プログラム

 

幅広い療育プログラムを軸に、毎日の生活の中で多角的な支援を行っています。

リトミック

音楽に合わせて身体を動かし、楽しく遊びながら、こころとからだの調和を図る音楽教育法です。
何かができるようになる『結果』も素晴らしいことですが、何かができるようになるまでの『過程』を大切にしています。
「そら」のリトミックは音楽療法の技法を取り入れ、楽しみながら注意力、集中力、表現力、コミュニケーション力などを育みます。

 

 

SST(そら)

セカンドステップというプログラムを用いて、社会性を育めるよう支援しています。
セカンドステップには次のような効果があると言われています。
①学校の授業や人の話を集中して聞けるようになる
②相手の気持ちを理解して思いやりを示すようになる
③怒ってしまったときも「落ち着くステップ」が使える
④トラブルになったときに落ち着いて問題解決ができる
ぬいぐるみやカードを使い、様々な状況に置かれた登場人物の気持ちや「どうしたらいいかな?」等を考えます。子どもたちは自由に発言し、話し合いながら学びを深めていきます。

SST(児童デイサービスそら)

コミュニケーションにおける苦手な箇所を見つけ、スキルの向上を図ります。
①挨拶 ②自己認知 ③相互理解のための言葉・表現
④相互理解のための気持ち認知 ⑤セルフコントロール・マネジメント
⑥コミュニケーション
上記6つのスキルを中心に学びます。
自分の気持ちや考え、要件を上手く伝えることでコミュニケーションを円滑にし、より社会生活が送りやすくなるよう支援しています。

 

フットサル

体力や集中力の強化はもちろん、チームの仲間として受け入れられることで、自己肯定感を育みます。
また、コミュニケーション力を養い、自然と相手を思いやれるようになることも目的としています。

 

 

 

室内運動

月2回、土曜日に体育館を借りて室内運動をしています。
ボール遊びや、ゲームなどで体を動かし、楽しみながら体力作りをします。
また、ルールの理解や集団活動によるコミュニケーション力の強化も目的としています。

 

 

 

戸外活動

地域イベントへの参加、工場・施設での社会見学、屋外でお弁当を食べたり、身体を使った活動をします。
また、季節の行事として「いも掘り」「みかん狩り」「餅つき」等も行っています。
学校休業日(長期休暇含む)は、曜日を問わず戸外活動を行います。

 

 

 

英語学習(児童デイサービスそら)

耳の柔らかい時期に英語に親しむことを目的としています。
楽しくスキップするように英語のリズムに触れます。

 

 

 

 

タブレット学習(そら五月ヶ丘)

障がい特性に応じたアプリを使用し、基礎学習(マッチング、文字の習得、数の理解等)に役立てています。
また、コミュニケーション力を育てると共に、見通しを持って行動できるように支援します。

 

 

 

個別学習

学校の宿題や課題プリントを通じて学習のつまづきを解消し、基礎学力をつけるため一人一人の成長に合わせて学習しています。

「そら五月ヶ丘」では講師を招いて個々の学力に合わせた学習をしています。